55歳からの英語とシェイクスピア

miyueigo.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

"The Rose":dictation

lyricstraining
というサイト
洋楽の書き取りがレベルごと、記述式と選択式で出来てスコアが出ます。
カラオケも出来ます。

今日は
"Tears in Heaven"
"Jump"
"I'm A Believer"
"Let It Be"
"The Rose"
などを。
今日の最高は "The Rose" の1246ポイントでした。
どうということのない単語が歌だと聞き取れなかったりしますが、何度か聞いているうちに聞こえてきます。





にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

b0330470_23522681.jpg

[PR]
by miyukinglish | 2015-11-22 18:15 | 動画

Julie Taymor's A Midsummer Night's Dream

Julie Taymor's A Midsummer Night's Dream
b0330470_044592.jpg


Trailer

From the director of The Lion King, Julie Taymor (Frida, The Magic Flute), comes a cinematic experience of the much heralded and sold-out production of Shakespeare's A Midsummer Night's Dream with music by Oscar-winning composer, Elliot Goldenthal (Frida, Heat), cinematography by Rodrigo Prieto (Birdman, Wolf of Wall Street) and stellar performances by David Harewood, Tina Benko, Max Casella and Kathryn Hunter.

Julie Taymor discusses A Midsummer Night's Dream at TIFF 2014 with Richard Crouse.


"I think film is so great for Shakespeare. You enjoy it in live theatre. The kids who came loved it, the pillow fights, theatrical stripping. They got it. But on film you have close-ups. This is where film is better than the theatre. With fours days of shooting, with hand held cameras and using pickups, you are now in the best poistions in the house. Seventy hours of footage which I edited like a normal movie. A lot of those National Theatre Lives, because they are live don’t have the time to work it. We’re in po;sitions that no audionec could be. So now you are getting the supportr of the close up, which means you can understand it when you see the facial expression and the lips moving. You don’t need to know what the words are. I found that in Tuts Andronicus [which she directed on film with Anthony Hopkins in 1999. I still don’t know what a weeping welcon is but when Anthony Hopokins says it, you get it. You could turn off the dialogue and you would know what’s going on."

コラム
第38回:天才演出家で監督のジュリー・テイモアが、自身のシェイクスピア舞台を映画に!



にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

b0330470_23522681.jpg

[PR]
by miyukinglish | 2015-11-22 00:34 | SHAKESPEARE

Talking Lear: Simon Russell Beale on King Lear

Talking Lear: Simon Russell Beale on King Lear
b0330470_23563780.jpg


Simon Russell Beale talks to Mark Leipacher about taking on the role of King Lear and reuniting with Sam Mendes.

This is a recording of a live Platform event from February 2014.



あら、アップしてる。
King Lear: Act 1, Scene 1



にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

b0330470_23522681.jpg

[PR]
by miyukinglish | 2015-11-20 23:56 | SHAKESPEARE

King Lear by William Shakespeare (1994)

King Lear by William Shakespeare (1994) - Starring Sir John Gielgud and Kenneth Branagh
なんてゴージャスなキャスティング。
音もクリア。
削除されませんように。


BBC 3 Radio Drama performed by the Renaissance Theatre Company.

Cast in order of speaking:

Kent - Keith Michel
Cloucester - Richard Briers
Edmund - Kenneth Branagh
Lear - John Gielgud
Goneril - Judi Dench
Cordelia - Emma Thompson
Regan - Eileen Atkins
Albany - John Shrapnel
Cornwall - Robert Stephens
Burgundy - Denis Quilley
France - Derek Jacobi
Edgar - Iain Glen
Oswald - Bod Hoskins
Knight - Simon Russell Beale
Fool - Michael Williams
First Gentleman - Nickolas Grace
Curan - Sam Dastor
Servant - Harry Towb
Old Man - Maurice Denham
First Messenger - Bernard Cribbins
Second Gentleman - Matthew Morgan
Second Messenger - Nicholas Boulton
Captain - Sam Dastor
Herald - Peter Hall

Other parts played by members of the company.

Directed by Glyn Dearman.

Music by Patrick Doyle.

Broadcast on BBC Radio 3 on 10 April 1994.







にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

b0330470_23522681.jpg

[PR]
by miyukinglish | 2015-11-20 23:47 | Audio

National Theatre Live:King Lear

やはり行ってしまいました。
National Theater LIVE
映画館の観客は少なかったですが、National Theater は超満員でした。
チケットは特別上映のため高めですが、イギリスの劇場に行けない身にはありがたいです。
グローブ座のもネットでだけでなく映画館上映してくれないかな。
b0330470_14424647.jpg


National Theatre Live: King Lear trailer


King Lear - nothing will come of nothing


冒頭のコーデリアの
"Nothing"
終盤のリアの
"Never, never..."
が印象に残ります。

とにかく演技が半端ない。すべての俳優が。



英語はまだまだ字幕なしではわからないけれど、シェイクスピアの作品は内容をよく知っているので3時間半もそう長くは感じなかった。

字幕をなるべく見ないようにしたほうが英語はよく聞こえる気がする。
それに演技そのものを楽しめる。
シェイクスピアの台詞はどんなにがんばっても英語で聞いたほうが美しい。
他の言語での上演もそれはそれで面白いのだけれど
原語が持っている言葉の魅力にはかなわない。
音そのものが美しい。
当たり前ですけど。



上映時間:3時間25分/演出:サム・メンデス/作:ウィリアム・シェイクスピア/ 出演:サイモン・ラッセル・ビール、スティーヴン・ボクサー、トム・ブルック



にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

b0330470_23522681.jpg

[PR]
by miyukinglish | 2015-11-20 14:42 | 映画・DVD

International Collaboration in performing arts

舞台芸術の世界で多言語多文化の演劇人の間で作品を創る試みがあります。
文化の違いや言語の違いを超えてひとつの作品を創るのは貴重な体験だと思います。
複数の国の人々が劇場で集う場に居合わせました。
同時に何か国もの言語の通訳のささやきが聞こえます。
彼らと個別に話すときは英語ですが、同じ興味である舞台芸術について話すのは楽しいことです。
そして、もっと思うことがちゃんと伝えられれば、と歯がゆさと英語力不足を感じるのです。



にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

b0330470_23522681.jpg

[PR]
by miyukinglish | 2015-11-15 20:54 | 日記

'Shakespeare and his World':Macbeth

'Shakespeare and his World'は再受講なのですが
今回は他にもいろいろあるものであまり聞けないでいましたが、
今週はMacbethなので聞きました。

他の講座を受けて気がついたのですが、こんなにVideoが多いのは少ないのかもしれません。
テキストはどうしても敬遠してしまって・・・

つい最近「マクベス」に出演したこともあり、その時にはオリジナルにも当たりましたのでとてもよくわかったような気がします。(←気のせい?)

調子に乗ってProf.BATEの講義に合わせてシャドウイングしてみました。
字幕を見ながらですが。(わからない単語もおいといて、ですが)
なんと、意外とついていけることを発見。
BATE教授、ゆっくりていねいに話してくださっているのね~。
これ、単語もちゃんと調べてじっくり続ければよさそうだわ。
やっぱり興味があること、知っていることは聞き取りやすくなりますね。



これも発見したので、メモで。
Jonathan Bate on Shakespeare - Part 1



にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

b0330470_23522681.jpg

[PR]
by miyukinglish | 2015-11-15 01:49 | MOOCs

Visualizing Japan (1850s-1930s) | HarvardX and MITx on edX |

Visualizing Japan (1850s-1930s) | HarvardX and MITx on edX |
Visualizing Japan (1850s-1930s): Westernization, Protest, Modernity
A MITx/HarvardX collaboration, this course explores Japan’s transition into the modern world through the historical visual record.



英語字幕が出るのでなんとか。
音声も聞きやすい。
スピードも変えられるけど、とりあえず普通に聞いています。
Pre-course Surveyも答えてみた。
答えたくなければ答えなくてもいい。

edxは今までは登録だけしてなかなか続かなかったけど。
これは日本を扱っているので興味が続きそう。
ちゃんと進めるとProblem Score が付くらしい。





にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

b0330470_23522681.jpg

[PR]
by miyukinglish | 2015-11-15 01:31 | MOOCs

BONES-Season 3,4

先月も書いたのですが
BONESは事件そのものがあまりに凄惨なんですよね。
無残な骨たちにもなんとか慣れましたが(慣れたくない・・・)
登場人物たちはやはり魅力的で
彼らの英語にも慣れてきて聞き取りやすくなり(これは慣れたい)
なかなか捨てがたい。

で、先日は第4シーズンの第1巻の舞台がイギリスだったので先に観ました。
アメリカ人のブレナンとブースがイギリスに行って事件に合う、というのが好みのテーマで、つい。
イギリス人とアメリカ人の違いをユーモアたっぷりにステレオタイプに描いていて笑えました。

それはいいのですが、ちょこちょこ他の巻のあらすじやらだれかの感想やらを見ていたらザックについて気になるコメントがちらちらありましたて。
ザックのことはかなり気に入っていたんですよね。

ああ、それなのに・・・。
まさかの展開。
相棒の前シリーズのラストのような後味の悪さ・・・。

b0330470_0393128.png




にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

b0330470_23522681.jpg

[PR]
by miyukinglish | 2015-11-13 00:40 | 海外ドラマ

edx:IELTS Academic Test Preparation

IELTS Academic Test Preparation
Prepare for the IELTS Academic tests in this comprehensive, self-paced course covering listening, speaking, reading and writing.




にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

b0330470_23522681.jpg

[PR]
by miyukinglish | 2015-11-11 16:08 | MOOCs
line

2014年後半から50歳を過ぎて英語とシェイクスピアと遊ぶ自分用のメモブログ


by miyukinglish
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite