55歳からの英語とシェイクスピア

miyueigo.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:英語学習メモ( 43 )

A guide to New Year traditions in Japan-from JAPAN TODAY

今までリンクなどは極力貼っていませんでしたが
メモとしてリンクや引用も貼ることにします。

なにか不都合がありましたらお知らせください。


JAPAN TODAYより

A guide to New Year traditions in Japan
By Ran Matsugi


TOKYO —
While New Year’s Eve is a time for parties and fireworks in many countries, in Japan, it is usually a somber time when people return to their hometowns to enjoy a few days together with their extended families – not unlike Christmas in the West.

However, the lack of parties does not mean Japan is a boring place during the New Year holiday period. This time of year is rich in tradition and culture, and if you have never experienced New Year in Japan, you’re missing something.

Here is a guide to some New Year traditions and what they mean.

Omisoka (大晦日)

Why is New Year’s Eve called “omisoka” in Japanese? In the old calendar, the last day of each month used to be called “misoka”. “Miso” can mean 30 in Japanese, and “ka” means day. Although not every month has just 30 days, the tradition of calling the last day of the month “misoka” remained, and the last day of the year became “omisoka” (great last day of the month). After the new calendar was adopted, all the other “misokas” became less popular, but “omisoka” remained.

Osoji (大掃除)

This refers to the end-of-year cleaning which takes place in offices and homes. It is believed that by cleaning your house, you can purify your residence and welcome the “Toshigami-sama” (god of the coming New Year).

Kadomatsu (門松)

As soon as Christmas Day is over, the Christmas trees and decorations come down and New Year decorations go up. “Kadomatsu” are made of three cut bamboo sticks and pine tree branches and are put up in the entrances of buildings or houses. The bamboo shoots, which represent heaven, earth and humanity, are believed to attract the gods. The gods dwell in the pine until Jan 7, after which time the decorations are taken to a shrine to be burnt, releasing the spirits back to their realm.

Toshikoshi Soba (年越し蕎麦)

People eat soba at around midnight to ward off evil spirits before the New Year comes. Some also wish for a long life, or long-lasting connection with families by eating soba. Rakuten research reports that 67.5% of people surveyed are planning to eat “toshikoshi soba” this year.

Joya no Kane (除夜の鐘)

“Joya no Kane” or purification bells are important at New Year Buddhist ceremonies in which the priest rings the bell 108 times. According to Buddhist beliefs, the number 108 corresponds to the number of evil desires that we suffer from. It is believed that by listening to or ringing the bell 108 times, you can get rid yourself of those evil desires. Many temples allow people to participate in ringing the bell.

Ganjitsu (元日) and Gantan (元旦)

Why are there two words meaning New Year’s Day? “Gantan” generally refers to the morning or sunrise on Jan 1, while “Ganjitsu” refers to the first “day” of the New Year.

Nengajo (年賀状)

On New Year’s Day, you’ll see legions of Japan Post employees whizzing along on scooters delivering New Year greeting cards. Though the custom has lost some of its popularity in recent years – young people tend to avoid sending the cards, while others design their own cards and send them by email – “nengajo” are still important for businesses and the older generation for expressing appreciation and best wishes for the New Year. “Nengajo,” many of which are hand-written, also have lottery numbers on them.

Hatsumode (初詣)

The most popular activity on New Year’s Day is “hatsumode” or first visit to the shrine. The bigger shrines like Meiji in Tokyo, Kawasaki Taishi in Kawasaki and Fushimi Inari Taisha in Kyoto are packed with hundreds of thousands of people from early morning throughout New Year’s Day. Many people go to smaller shrines in their neighborhoods. If you go, you’ll see burning incense sticks. The smoke itself is called “zuko,” and shrine visitors wave it over their heads to purify spirits and their bodies for the New Year.

Hamaya (破魔矢)

You’ll often see people leaving shrines, holding wooden arrows. These are given to shrine visitors to put somewhere in their homes to ward off evil spirits. The point of the arrow isn’t sharp; it’s just a decoration.

Osechi ryori (おせち料理)

This refers to special New Year delicacies traditionally made before New Year’s Day, and meant to last for seven days without refrigeration. The original reason for needing it to last for seven days is because there is a seven-day period of non-cooking to appease the fire god, Kohji. He would get upset and cause a natural hazard if you made fire so early in the year. In later years, this non-cooking period has changed to give housewives a rest during the New Year holidays since they worked so hard until New Year’s Eve. The food often comes in an elaborate bento box.

Kagami-mochi (鏡餅)

This decoration consists of two round rice cakes and a mandarin (mikan) on top. Traditionally, the cakes were adorned with a different citrus fruit known as “daidai,” which were considered auspicious as the meaning of the word can be translated to “generation after generation”, representing the family’s wish for a long and prosperous bloodline. The rice cakes are supposed to be an homage to the mirror of the sun goddess Amaterasu. With its round, mirror-like shape, “kagami-mochi” symbolizes the renewal of light and energy at the start of a new year.

Otoshidama (お年玉)

On New Year’s Day, children aged 22 and under receive monetary gifts from their parents and grandparents in specially decorated envelopes called “Pochi Bukuro” (Pochi bag). According to the Allabout questionnaire, the popular amounts of “otoshidama” are 1,000 yen for children younger than 6, 3,000 to 5,000 yen for children aged 6 to 17, and 10,000 yen for 18 to 20+ students.

Fukubukuro (福袋)

Many department stores and other retailers now open on New Year’s Day, giving children a chance to spend their “otoshidama” as well as tempting other shoppers with these lucky bags. Some people hit store after store and emerge with an armful of “fukubukuro.” The bags contain various items with a total value of twice the price of the bag.

Japan Today







にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

b0330470_23522681.jpg

[PR]
by miyukinglish | 2015-01-03 11:00 | 英語学習メモ

英語学習アプリ:DioDictやらTEDやらBBCやらUpgraderやら

単語帳のアプリがないかしらと以前から探していたのですが、
あちこち見ているうちに「もしや」と思ってタブレットにプリインストールされていた(か、自分でインストールしたかもはや覚えていない)辞書アプリにフラッシュカードの作成・編集機能がついていたのを思い出しました。
今までは単語を調べる時しか使っていませんでしたが使い方をチェックすると、簡単に単語帳に入れられて学習チェック機能までついているではありませんか。これ、便利。今まで何やってたんだろ。

TEDアプリもインストールしてあったのですが、いつもはパソコンで見ています。
で、これもタブレットで見てみたら、字幕の切り替えが簡単で、しかも、何語でもすぐ切り替えられる!すごい(←いまさらですが)

BBCのMedia Playerもインストールしてみたら、アプリのほうが使いやすいかも。

English Upgraderを入れてみました。これはエピソードごとにダウンロードしなきゃならないけど、英語も日本語の解説も聞きやすいですね。


まったくこんなにゴロゴロ無料の教材がころがっているなんてありがたい環境ですねぇ。
ラジオ講座くらいしかなかった私の中学生だった頃とは隔世の感です。

でも、motivationがすべて、っていうのはどんなに便利になろうが変わらないように思います。
どんなに素晴らしい教材があろうが教授法があろうが、自分がやらなければ石ころと同じですものね。



にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

b0330470_23522681.jpg

[PR]
by miyukinglish | 2014-12-28 01:17 | 英語学習メモ

4か月目のまとめ

マンスリーテストは2回目の満点
リスニングタイムは95時間

10月は
ラジオ講座はリアルタイムで聞ける時には聞いて
何かしながらBBCニュースを流して
DVDで海外ドラマ
The Tudors(ヘンリー八世を主役にした物語)を19本見て(1本2話分で2時間弱)
Sherlock (3本)
Hamlet 2

MOOCの" Shakespeare and His World"
も講義のvideoを見始めるとやめられないくらい面白い。

NationalTheatre Liveの「フランケンシュタイン」も2バージョン観に行った。

emailの翻訳を頼まれて書くほうも多少。

ジムにも13回行って健康づくりもまずまず。

英語の勉強が好調だと他のことも好調な気がする。

どうしてこんなに楽しいかふと考えたら
それは「勉強」じゃなくなってるからじゃないかと思う。
新しいことを知る、新しいことを体験する、というのは本来楽しいことなはずで
たまたまその媒体が英語になってるということだから楽しいんじゃないかな。
あと、ガツガツすることも無駄な落ち込みも減った。
ま、相変わらず語彙が足りないんだけどね。

b0330470_22443976.jpg




にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

b0330470_23522681.jpg

[PR]
by miyukinglish | 2014-11-14 22:44 | 英語学習メモ

MOOC始めてみました。

MOOC(Massive Open Online Courses、大規模オープン・オンライン・コース)とやらいうもののシェイクスピア関連のコースに登録しました。一般には大学レベルの大人数向けコースで、インターネットを通じてオープンにアクセスできること、インタラクティヴなこと、コース修了の認定証を発行することといった特徴があるそうです。

私が登録したコースはイギリスの大学のコースで、シェイクスピアについて10週間にわたって学習します。担当の教授のVideo やtextで学習を進めますが一つ一つが細かく分かれているので取り組みやすく、コメントを書いたりdiscussionに参加したりも出来て楽しいです。まだ始めたばかりですが、ついつい先に進みたくなります。シェイクスピアのことならある程度知識があるし舞台も見ているしStratford upon avonにも行ったのでなんとかなるかと、案ずるより・・・面白そうなので始めてみました。

このところイギリスの海外ドラマにもはまって見ているのですが、なかなか聞き取れません。ドラマにはエリザベス女王(子供時代)も出ていて、イギリスの風景もたくさん出てくるのですっかりイギリス気分です。
このコースは大学の先生がカメラに向かって話しかけているのでとても聞き取りやすく感じます。字幕もPDFもありますし。

実はもう始まって3週間たっているコースなので、がんばって追いつかないと。
これが無料というのはすごいと思います。

お金をかけずに勉強する方法がゴロゴロころがっていますね。
All we do is just decide to learn.




にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

b0330470_23522681.jpg

[PR]
by miyukinglish | 2014-10-18 20:12 | 英語学習メモ

「とりあえず」の後半へ

このブログを始めた時に「とりあえず」6か月続けてみます。
と書きましたが、今月から後半に入りました。
こちらのブログの更新はあまりしていませんが、英語学習のほうはまずまず続いています。
受講中の6か月コースの教材は、すべてを使いこなしている、とはとても言えませんが月1のテストは締め切り前に提出していますし、なにより「ともかく毎日英語を聴く」習慣が戻ってきたのはうれしいことです。それも「お勉強」ではなく楽しんでいて毎月目標の90時間にはわずかに届かないのですが、80時間はこえています。もっともDVDで海外ドラマや映画を観ている時間が多いのですが。今は英語で聞いて日本語字幕を出していますが、本当なら同じものを2回目は英語で聞いて英語字幕、3回目は字幕なしで、といきたいところですが、今のところドラマの筋が気になってしまって・・・。それにドラマは英語字幕のないものが多いですね。複数の言語が収録されている映画のほうがその目的には合っているようです。

ラジオ講座もそこそこ真面目に聞いています。録音機能のついているレコーダーを買おうかと一瞬思いましたが、インターネットラジオでリアルタイムでなるべく聞くのがやはり一番よかろうと思いなおしました。

ジムにも平日の行ける時にはなるべく行っていたら筋肉もついてきて身体を動かすのが楽しくなりました。
そうするとダイエットも気になって来て、この3日ほど8時間のうちに食事を終えて16時間はなにも食べない、とう方法をやってみています。これも思ったよりもたいへんではないので出来るだけ続けてみます。

語彙を増やすのとアウトプットを増やす、ことはなかなか進まないのですが、英語の習慣が戻ってくると他のこともバランス良くなってきたように思います。ステキな副産物です。


ちなみに今回3回目のテストは88%。またまた、どうってことない箇所です。聞いて瞬時に理解するスピードがまだまだです。


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

b0330470_23522681.jpg

[PR]
by miyukinglish | 2014-10-10 22:56 | 英語学習メモ

Vampire Diaries

海外ドラマ「ヴァンパイア ダイアリーズ」シーズン4を観終りました。
いったいどういうわけで見始めたんだったか・・・
あ、今思い出した。
まぁ、きっかけはなんとなくだったのですが、
どうもこのヴァンパイアものというのは昔から惹かれるものがありますね。
ブラム・ストーカーの小説『ドラキュラ』(1897年)に始まり
ヴァンパイアは様々な映画やドラマに登場します。

この『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のシリーズは、ホラーものでありながらハイスクールを舞台にし、美しいヴァンパイア兄弟と美しい女性との三角関係をからませ飽きさせません。
次々と魅力的な登場人物が現れては消え、死んでは生き返り、ヴァンパイアはもちろん、狼男だのハイブリッドだの魔女だのドッペルゲンガーだの、もう、どれが人間だっけ?だし、時代は遡るし、もうね、死んでも死んでも生き返って来るしね。
真面目に考えるとありえないのですが、はまりだすとそのありえなさに慣れてきてもう何でも来い、って感じ。
男女関係も恋模様もなんでもありだし。
でも、俳優たちがともかく美しくてスタイルが良くて、肉体美なので目の保養になります。そして、どんなに荒唐無稽なストーリーでもその一瞬一瞬の演技が真剣勝負だから切なさも満載なんですよね。
英語の勉強になったかどうかは?ですが、恋の駆け引きの会話と生きるか死ぬかの闘いの英語はたくさん聞けましたね。ヴァンパイアたちが今時のくずれた英語を使わないのもよかったです。
でも、"I'm dead." "Did I die?" なんておよそありえないセリフを生身の人間(?)が言っているのが奇妙でおかしい。

最近はBBCのラジオを耳があいている時は聞いています。

単語力診断がLevel20になりましたがまぐれです。
その証拠に(?)別のをやったら降段しました。
単語もっと必死に覚えないとなぁ。

b0330470_1255970.jpg



にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

b0330470_23522681.jpg

[PR]
by miyukinglish | 2014-09-26 12:10 | 英語学習メモ

WSと映画とDVDの週末

この週末は英語の演劇ワークショップ(2時間)に出て、「マダム・イン・ニューヨーク」という英語の苦手なインド女性がニューヨークの英語学校に家族に内緒で通って、英語を通して自信を取り戻す、という映画を観て、家では「バンパイア・ダイアリー」をレンタルで5本見て、ネットサーフィンしながらもラジオ講座やBBCラジオやYouTubeを見て2日で13時間以上は英語を聞いた。

これくらい聞くと耳も少し慣れてもっと英語が話したくなる。
ほとんどは楽しみで見ているので、ほんとはもう少しテキストがきちんとあるもので音読などもしたほうがいいんですけどね。
出来ることなら短期でもいいから海外生活がしたくなる。
まぁ、しばらくは無理ですが。



にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

b0330470_23522681.jpg

[PR]
by miyukinglish | 2014-09-22 01:20 | 英語学習メモ

テスト結果と海外ドラマ

2回目のテスト結果はボロボロで正答率は78%だった。
やっぱり最初にパッとこれだと思った答えに、あれ?と思いなおしたりしちゃうとダメだったり
集中が足りなかったり
グラフや表が昔から苦手意識があったり。
解答を見直しても特に知らない単語などがあるわけではなく
ともかくリスニングは同時に理解できないといけないですからね。
しっかり聞く時間が少なかったのがそのまま結果に出たってこと。

で、また海外ドラマを見始めました。
「バンパイアダイアリー」は4thシーズンになって
いくら死んでも生き返って来るし、もうなんでもありなんですが
登場人物たちがみんな美しくてマッチョでスタイル抜群なので。
あれ?そこ?
何百年も生きているバンパイアたちだから英語はまともな気がする(どうだろ?)

あとヘンリー8世を描いた「チューダーズ」も見始めてしまいました。

どちらも英語のお勉強になるかどうかはともかく
ドラマ好きなんだもん。

b0330470_1622760.jpg


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

b0330470_23522681.jpg

[PR]
by miyukinglish | 2014-09-11 16:22 | 英語学習メモ

テスト提出やっとこさ

あ~、英語の通信講座の毎月のテストの提出日だった!
テキストを探すところから始めてなんとか提出した。
集中できず、全然だめだ~!
でも、ともかく提出はした。未提出だけは避けたい。

久しぶりに単語のテストもしたら、こっちもだめだ~!
5~6回やってようやく自分の平均くらいまでに戻ったからやめといた。

また気を引き締めてがんばろ~!

やっぱり、しっかり机に向かって集中する時間が必要ですね。

b0330470_14151235.jpg



にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

b0330470_23522681.jpg

[PR]
by miyukinglish | 2014-09-09 14:14 | 英語学習メモ

テスト満点

先日提出したマンスリーテストは満点でした。

ちょっと不安だったのが2問くらいあったのですが。
昔この通信講座を受講していた時も満点はなかったのでうれしいです。
真面目にテストの復習をして語彙チェックなどもしました。

先週は演劇のワークショップに参加していたためあまり英語の勉強はできなかったのですが、たいへん充実した時間を過ごすことができました。

それで今日は取り戻すべく6時間くらいリスニングしました。



今日は久しぶりにジムにも行きました。



ロビン・ウィリアムズさんが亡くなったんですね。
残念なことです。




にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

b0330470_23522681.jpg

[PR]
by miyukinglish | 2014-08-13 00:17 | 英語学習メモ
line

2014年後半から50歳を過ぎて英語とシェイクスピアと遊ぶ自分用のメモブログ


by miyukinglish
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite